盗聴器(盗撮器)発見 電磁波調査

ワンポイントアドバイス

盗聴器発見・盗撮器発見調査について

盗聴・盗撮器が設置されている場合の完全なる確認、撤去などはやはり、我々探偵など専門の技術を持ったものが専用の機材を使い、調査をすることが必要になります。

簡易的な盗聴器・盗撮器発見器なども販売されており、ご自分での調査も出来ますが、やはり完全な確認は困難です。

※簡易発見器は一般的な盗聴・盗撮器に使用されている周波数にしか反応しません。
※簡易発見器は携帯電話を利用した方式、有線式の方式には反応しません。

引越しのとき

盗聴器・盗撮器が仕掛けられている状況として、賃貸マンション・アパートなどにおいて、前住人が設置していく例もあります。

そこで、引越しをする場合、荷物を運び入れる前に、盗聴・盗撮調査をご検討ください。
特に、女性の一人暮らしなどの場合はストーカー被害などに発展する場合もあります。

また、荷物を運び込む前に、お部屋に違和感がないか(コンセント付近、通気口などの不審物、浴室などの換気口、トイレなど)などを十分に目視確認して下さい。

盗聴器の種類と現在の傾向

以前の盗聴器・盗撮器はブラックボックス型(ライター程度の大きさ)が主流であり、それ自体が盗聴器・盗撮器とわかるものでした。

ですが、現在は盗聴器・盗撮器本体が小型になり、様々なものに組み込まれていることが多いです。

  1. . コンセントの二股ソケット
  2. . パソコンのマウス
  3. . コンセントの延長コード
  4. . 目覚まし時計
  5. . ボールペンなど

上記のほかにも様々なものに組み込まれています。
何かのプレゼントの中に組み込まれていることもあります。
また、携帯電話を使用したタイプ、電波を使わない有線式のタイプも確認されています。

固定電話について

仮にあなたが固定電話の子機を使用しているなら、今後は親機を使用してください。
子機は親機と通信している電波において、基本的になんらセキュリティーはかかっていません。

量販店などに売っている、安価な受信機などで簡単に会話を聞かれてしまいます。

電磁波について

電磁波については、様々な見解があり、人体への影響を及ぼす数値基準も確立されていないのが実情です。

まずはアナタがおかれている環境がどのような電磁波の状況なのかを 広域電磁波測定器をもちいて確認いたします。

探偵の経験からのアドバイスを書かせていただきましたが、まだまだ伝えきれない部分もございます。

また、ご不明な点もあろうかと思います。
よろしければ、当社無料電話相談までお気軽にご相談下さい。

年中無休・24時間 ご相談・お見積り無料!

011-784-2977

調査事例 調査料金
年中無休・24時間ご相談・お見積り無料

調査エリア

アイシン探偵事務所では北海道の下記地域他、北海道全域において調査を承っております。

  • 北広島市
    • 東北・関東・東海・関西全域
    • グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域
    • 韓国・シンガポール